2011年10月25日火曜日

「不信」に覆われた国

毎月執筆しているタウン誌で引用した言葉なのですがー。

「信というはまかすと読むなり。他の言に任せる故に、人の言と書けり」。
一遍上人の言葉。

その「他の言」が信じられない。「まかせ」られない。今、この国を覆っている空気。

東電の隠ぺい。ずっと続いていたあらゆることの隠ぺい。原子力保安院の隠ぺい。文部科学省の隠ぺい。

隠していたことが次々と明らかにされてくる。隠していたことだけではない。虚偽も。うそつきは信じられない。当たり前だ。

隠ぺいを“暴露”し、それを攻撃するメディア。そのメディアに対しても、「本当のことを伝えててない」と市民は感じている。不信が渦巻いている。

そして、国や行政の言うことは信じられないとなる。

特に問題なのが放射性物質の測定値をめぐる問題。民は“自衛”に走る。食品は買わねばならない。スーパーの店頭に、それぞれの食品に貼られた「測定値」を見て買うか買わないか判断する。半信半疑で。

なぜこれほどまでに「不信」が広まったのか。信という字が不毛になったのか。
ある学者さんが上手い事を言っていた。

「国が国民を信じていないからですよ」と。

情報を公開すれば国をあげてパニックになる。政府や官僚が言い続けて来た論理。そこには“愚民思想”があったのだ。

だから、例えば論語にある「寄らしむべし、知らしむべからず」を「知らせてはいけない」と読み解くのがこの人たち。孔子さまがそんなこと言うわけない。
「知らしむべからず」とは「知らせるのは、わかってもらうのはむずかしい」と読み解くのだ。

セシュウム米騒動で揺れた二本松市。その二本松市にある霞ケ城。おっと、なんと霞だよ。霞が関ではないけれど。
その城の門扉にある“戒石銘”。
藩主の丹羽高寛公が儒学者岩井田昨非に作らせた藩士への戒め。

「なんじの俸(ほう)、なんじの禄(ろく)は 民(たみ)の膏(こう)、民の脂(し)なり 下民(かみん)は虐(しいた)げ易(やす)きも 上天(じょうてん)は欺(あざむ)き難(がた)し」

つまりー。
「お前の俸禄(給料)は、民の汗と脂の結晶である。 下々の民は虐げ易いけれども、天を欺くことはできない。」ということか。

しかし、ここにもある。下々の民は虐げやすいと。官に根付いた思想。

国民は国を信用できない。信じられないという。国は国民を信じていない。

信頼関係ゼロの国。そりゃ不信の連鎖が連鎖を生むでしょうね。じゃ、信じられるのは自分だけ。そうもいかない。自信すら失われてしまっているような。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
信はまた「まこと」とも。由らしむと知らしむは「だまって俺についてこい」と言える信頼を得るようにしなさいとも。数年前、国民総幸福度(GNH)で一位になったデンマークの得点は政治・経済・福祉・教育・雇用・治安の面だけでなく国家と国民の相互信頼関係が優れていたことに由るものとも。
TrustとBelieveの違い。Trustは神や人の言動に対して、Believeは事象や存在について。
鳩山元首相がオバマ大統領に”Trust Me!”とジョークを飛ばしたっけ、その昔。
閑話休題、
伊玖馬は森村学園初等部入学試験に合格!通学のSPはジジの役目なんてならないように。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
まことに、まことに。その「言」やよし。
信じなっきゃ始まんねえとおんもうんだけどもね。
信じられない連呼すると、「それを言っちゃおしめえよ」と寅さんに怒られちゃう。sp付きのご通学。信じらんね~~(笑)

平成最後の追悼の日に。

8月15日が近づくとNHKテレビは「つまらんニュース」を流す局とは思えないぐらいNHKスペシャルなど良好な番組を作り流す。 それらは僕の戦争の記憶、戦後の記憶体験と同化してくれる。 姫路大空襲で逃げ回ったこと。とうもろこし畑に身を埋めてB29の機銃攻撃から身を守ったこと。 ...