2011年9月21日水曜日

天災があまりにも多すぎる

「いったい、今年はどうなっているんだい」。近所のおじさんとの会話。もちろん天災のこと。大雨のこと。

台風15号の災害。「88年生きてるけどこんなこと初めてだ」。住民は茫然としたようにつぶやく。

テレビが伝える氾濫寸前の川の模様、濁流。繰り返し流される映像みていると、どうしても3・11の津波がだぶる。

避難の呼び掛け。とるものもとりあえずの避難所。あの避難所の光景も3・11とだぶる。

「もうたくさんだ」。空に向かって叫んでも雨が止んでくれるわけでもない。

今年は天災が多すぎます。

台風のことは台風に聞け。津波のことは津波に聞け。そんな茶心のような侘びさびみたいなことも言っていられない。

名古屋の被害。100万人に避難勧告といわれたが、どこか行くところあったのだろうか。

同じような雨量が東京に降って荒川や江戸川が氾濫したら・・・。ぞっとします。
あげく土砂崩れ。高いところが安全というわけでもない。
地下に造られた近代都市。水が流れ込んだら・・・。

今夜からはこっちにも来るらしい。強い風が仮設の屋根を吹き飛ばさないのか。
大雨が原発に降ったら汚染水はどうなる。風で汚染された瓦礫が飛んだらどうなる。
せっかく復興の兆しが見え始めた宮城や岩手の沿岸部は・・・。

たしかに、たび重なる天災の経験で、情報が伝えられるのは早くなったし、人力でできることは、それなりにやっている。逃げるしかないってこともかなり浸透した。でも、でも・・・。

人知ではあがらえぬ天地、雨土の仕業。

インフラ含め、日本経済はますます疲弊すること必死。

大げさなようだけど、歴史はこの平成23年をなんと記すのか。

「もうよっぱらだ」。郡山弁。「もうたくさんだ」。きょうも思考が停止しそう。

明日になれば台風一過か。床上浸水した家屋を洗い流す住民の姿、年寄りの労苦に、またまた3・11直後を思う。

天災にも立ち向かい、生き抜かねばならないのが「宿命」なんだろうけれど。

4 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
昔「地震・雷・火事・親爺」今「地震・台風・放射能」親爺の出る幕はなく・・・。
退社するタイミングを逃し帰宅難民になってしまった。JRも私鉄も全路線が運転見合わせで。会社のビルの地下街の飲み屋で若者と飲み会。電車が運転再開するまでと。飲み過ぎ!
帰宅したのが12時。
東日本大震災を思えば腹を立てるのも恥ずかしい。
「三十六計逃げるに如かず」でもタイミングを逸しないことが肝要かと。この歳で二日酔いとは・・・。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
とんだ災難でしたね。でも飲み屋がやっていて、飲みながら時間を待つってのもいい経験だったんじゃ。親爺の出番有り出。地震だと飲み屋もやってない・・・。いるとこ無しだと。
郡山はあちこちで冠水、浸水。市民のたった一つの足であるバスが前面ストップ。きのうの大渋滞は半端ではなかった。
自転車買おうかな。運動にもなるし。
すべては「タイミング」。それ当たり前のようだけど至言。
聖書にもあり。「すべての事には時がある」と。

crisp さんのコメント...

ご無沙汰しております。

本当にもうよっぱらを過ぎ、飽き飽きしています。
私はなんだか、放射能やら放射線という言葉に慣れてしまいました。 人間は怖いものですね、慣れてしまう。
そのうち セシウムってなんだっけなと、忘れてしまいそうな自分が怖いです。
ですが、また最近地震が増えてきましたね。
そのたびに3.11を思い出します。

福島だけが復興が進んでない上に人口も日々減っておりますが
福島の県民性なんでしょうか、みなさん、こらえているように思います。

こんな大きな震災で、被害者になっているのに 皆さん頑張っている。踏ん張っている。そう感じます。


最近、好きになった当て字 
“顔晴ろう”ガンバロウです。

どんなに大変なことが起きても、
大変なときこそ、毎日笑顔で元気に過ごすことが私ができる
唯一で大きな支援だと考えております。

久々のコメントでしたが、これからもちょくちょくお邪魔させてください。

亭主 さんのコメント...

crispさま
おひさしぶりでした。ありがとうございます。
おっしゃる通り。
もう「放射能と共生」していくしかないような。
現実、除染だってそう簡単なことではないし。
先日も塾生に話しました。
「放射能とともに生きる」「放射能を生きる」「放射能の下で生きる」。怖がっていても逃げようとしても、なんら解決しないんですよね。
顔晴ろう!!。いただきました。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...