2011年9月27日火曜日

心療内科に患者が増えて・・・

心療内科、ストレスクリニックに患者が引きも切らないという。知人の医者から聞いた。

津波の被災者、原発被災者。はかりしれない恐怖感とストレスを感じている。
目に見えない放射能との“闘い”。表で遊べない子供たちは、神経を病んでいる子がかなりいるという。肉体的症状に出る子もいる。
亭主が子供のころに使われていた言葉。「神経ハゲ」。
その親達も病んでいる。

クリニックを訪れる人の多くが睡眠障害を訴え、抑うつ状態の症状がみられるとも。高齢者は痴呆が進んでいるともいう。

住みなれた家や場所を離れて、慣れない土地や、狭い空間で暮らすことからくるストレス。

気心のあった友達との会話がなくなり、仮設で常に「隣」をきにしなければならない生活。

空間放射線量から、食べ物による内部被曝を気にしすぎるあまりのストレス。
無責任な、あらゆるメディアから発せられる“情報”の数々。

安定剤などの薬を処方すればいいのか、「話し」をじっと聞いてあげればいいのか。医師も苦悶しているという。

何事も無かったように「明るく、楽しく、笑い声の響くテレビ」にストレスを感じる人だっている。

この地で暮らす人達は、そろそろ「覚悟」を決めなければならないのかもしれない。放射能とともに暮らすと言うことの。

1マイクロシーベルトから20マイクロシーベルトの狭間で、どういう人生観や価値観を持って生きて行くかの。

無くなった家や家族への想いをどこで引き出しにしまえるのか。帰れない土地への想いをどこで立ち切れるのか。

あるかもしれない「内部被曝」による病気の発症のリスクと、ストレスによってすぐさま出てくる「さまざまな病気」のリスクとどちらを選択するのか。

だれも「正解」を持たない。

そして福島から医者が去っていく。医者、看護士。医療従事者が足りない。
“医療崩壊”、それも福島の現実。

0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...