2011年9月1日木曜日

メディアだけはそのままであり

政局報道という奴にほとほとうんざりしています。だれがどうした、誰がこう言った。どうでもいいこと。で、見通しは・・・。どうでもいい。

かくいうものの。往時はその真っただ中に身を置いていた亭主ではあるのですが。

世の中様変わりしたというのに、何も変わらないのがメディア。そのまま。そのまんまおバカ。

未だ決まらぬ人事めぐってあれは小沢、あれは鳩山。論功行賞、取り込み、嫌がらせ等々。

相変わらず、自らたちが作り上げた「小沢神話」なるものに振り回されての自縄自縛。もともと小沢に「神話」なんてものあるわけないのに。雲の上のようなお方の一挙一動に、小沢を忖度した、わけのわからぬ「意向」を持って周り。

政治家とメディアはどこかで相互互恵関係。

いつの頃からか新聞・テレビのニュースでしか扱われなかった政治ネタがスポーツ紙のニュースとなり、スキャンダル追う週刊誌がまともなネタとして政局を語る。あげくテレビのワイドショー。どれを見ても金魚のウンコ。ドジョウも食べないような。

小沢も鳩山も菅も過去の人にしなさいよ。もういいんです。あの人たちがどう思おうと何を言おうと。
心ある若手よ。金魚のウンコ止めなさい。

解散総選挙無い限り、民主党政権はまだ2年続く。2年間、脱小沢だ反小沢だっていうバカ話に付き合わされるのか。

メディアの中には既存メディアはもとより、ネットメディアやフリージャーナリストと称する輩にやたらと「小沢信奉者」が多い。

はっきりしない東電の賠償。放射能の汚染は広がる一方。

政局を作る政治家。それを生きがいのように追っかけ回すメディア。

「政治不信」を言う被災地、避難者の声。それは眼中に無く。スタジオのボードに写真貼り付け、ああでもない、こうでもないの品定め。

ああ、もううんざりだ。なんの意味があるのか。

福島市は1週間遅れで今日から新学期。郡山でもそうだった。多くの子供たちが県外に転校していっている。

除染、廃棄物。国の責任責任とばかり連呼し、正義を語っているつもりのメディア。責任転嫁とも言える。

対案は無理だとしても除染策を考えている民間も多い。顔料が土壌汚染対策に効果ありとか。真偽はともかく、伝えるべきことは多々あるはず。

値崩れした桃。メディアの取り上げ方次第で流れは変わる。「街の人」に怖い、怖いばかりを言わせて悦に入っているようなしたり顔の奴ら。

政局報道の在り方。従来と全く変わらず。メディアも含め、永田町棲息動物は被災地の人達の何千分の一にも如かず。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
う~んと昔、英会話のテキストで「計算機神話 Computer Myth」というのがありました。レストランで食事をした女性が勘定書きは間違ってると指摘したら店のレジ担当「計算機で計算しているから間違いありません!」その女性は激怒。計算機は正しく計算しているけど入力は人間なんだ。
「原発神話」も人間が創り上げたし、元来何の根拠もないものの比喩語「神話」
教養あるメディアの人達は安易に使っちゃだめだと思うけど・・・ば~か。
P.S. ところで肩の痛みは取れまして?

亭主 さんのコメント...

tacoさま
そうなんですよ。誰かが勝手に「神話」を作る。神じゃないのに。それを変だと思わない言葉を職業とする人たち。
成長神話だってそうだった。
肩はまだダメ。整体院今日休み・・・。

♪ケ・サラ ケ・サラ♪が響いていた頃

3年前の夏、国会議事堂や首相官邸の前では反原発・安倍内閣退陣を求めた 人たちの群れで溢れていた。連日のような行動。 その中で一際目を引いたのは自由の森学園の生徒たちが歌う♪ケ・セラ♪の大合唱だった。 学生の中に大人も交じりケ・セラ、ケ・セラと歌い続けていた。 ♪押さえ...