2012年4月10日火曜日

とんちんかん・・・付け焼刃

「トンチンカン」と「付け焼刃」。いずれも鍛冶屋さんにまつわる言葉。漢字の当て字では「頓珍漢」と書く。鍛冶屋で鉄を打つ時に、音が揃わないことから来たもの。物事の辻褄が合わなくなったり、ちぐはぐになること、または、間抜けな言動をする人を指す。辞書にはこんな記述がされている。

付け焼き刃という言葉は、中世の刀鍛冶の用語だという。切れの良くない刀に鋼(はがね)の刃を付け足したものを言い、転じて「にわか仕込み」を表すようになったとか。

関西電力大飯原発の再稼働をめぐって、政府がわずか3日で作った安全対策の基準。まさに付け焼刃かと。しかも、その基準とやらが「とんちんかん」。

その基準で再稼働させて、何かあったらどうするー。「はい、私の責任です」と枝野。おいおい、お前さんいつまで大臣やってるつもりだい。とっくに民主党政権は終わっているぜ。
ほんと「とんちんかん」な言葉ばかり発する。

童謡。村の鍛冶屋。「しばしもやまずに槌打つ響き、飛び散る火の花、走る湯玉。“ふゐご”の風さへ息をもつがず、仕事に精出す村の鍛冶屋」。
こっちはね、壊れた“ふゐご”のように息をぜいぜいしているんだぜ。

昔風に言えば、原発事故だって、「ふいご」が正常に機能してなかったってことじゃん。

落語のネタにもならないや。

そして頓珍漢なのは電力需給。大飯再稼働しないと夏場の電力足りないと、数字が並べられる。電力量の数字なんて当事者しかわからない。メディアが伝える数字は、発表に過ぎない。その電力会社の数字にお墨付き与える経産省。数字もまさに「付け焼刃」の感あり。

エネルギーの需給問題と原発問題は別のものと思量せり。
電力会社の融通はどうなっているの。

発電コスト、コストとばかり言う人いるけど、建設や廃炉のコスト考えたら、原発って一番高いコストかかるんじゃないかな。

原発の本質論はさておき、再稼働を巡る動きの数々。なんか様々“陰謀”臭くって。

原子力規制庁が出来ないからっていうんで、あの「デタラメ、斑目」は健在なり。瑣末なことを、揚げ足取りのようなことばかり言って、規制庁法案の審議すらしない自民党ってなんだい。

消費税巡る党首会談に応じないってのも然り。手続き論での反対。事の本質ではないはずだが。

頓珍漢ばかりが生息している・・。

民主党にも、自民党にも、東電にも、経産省にも、「まとも」な奴はいるはず。それらは「組織の論理」ではじかれる。昨日も書いたかもしれないが「電気止めてやれ」って冗談ではなく言っている役人もいるとか。

国を建て直す「鍛冶屋さん」出でよって。

「マッチ擦る束の間 海に霧深し 身捨つるほどの祖国はありや」。

2 件のコメント:

グラチャン さんのコメント...

ドイツの廃炉作業を見たがその大変さに驚かされる。それが54基、莫大な費用と時間がかかる。地震と火山のこの国で、原発の安全判断を下したものは誰か。出世という餌と利潤と利便の追求で、日本を破滅に追込む核を国中にばらまいた。原発に頼らない国を目指すこと。これは政治、経済より上位にあるべき、倫理、哲学の問題。しかしこれがこの国の代議士を動かすことはまずない。廃炉産業で儲かるとわかれば少しは動くのか....

亭主 さんのコメント...

グラチャンさま
投稿ありがとう。
廃炉作業、いや、その前の除染作業でも、すでに儲けている輩、儲けようとしてしている輩はまさに魑魅魍魎のごとく輩出していますよ。

地球は生命体なんです。人間が発熱すれば発汗作用で解熱するのと同じようなことを地球はしているのです。
太古の昔から地殻変動は繰り返されている。それによって沈んだあまたの文明・・・。