2012年4月12日木曜日

“デマ拡散罪”って無いのかな

とにかくなんでも言いたい放題。いや、何でも言うことはいいのですが。「デマ」だけはどうぞご勘弁いただきたい。

ちょっと前の話。神戸大学の放射線計測学ってのがご専門の教授、山内知也って人が大阪での講演会で言ったという。「福島市長は山形市に避難していて、毎日公用車で福島に通っている」って。ネット社会にあっと言う間に広まったデマ。
ご本人、ヤバイと思ったのか。福島市長のところに謝罪に。ま、その辺は可愛いとこもあるけれど。いわく「流言飛語の類を信じ込み、市民に混乱を与えてしまった」と。お粗末極まりなし。

ということは、神戸や大阪にはそんな飛語が飛び交っていたということか。
さもありなんとも。

原発事故後、ほんと、ありとあらゆる専門家、学者が登場し、あることないこと、しゃべくりとばしていた。後からバレる嘘も平気で。口害撒き散らしてしらっとしている。

やせても枯れても大学教授っていうのは教育に携わる人でしょ。若いもんに物を教えるひとでしょ。学究の徒でしょ。たとえ間違っていたとしても、ちゃんとした研究の結果を話すならともかく噂話をまことしやかにしゃべるなんて。

とんでもない。この罪は大きいよ。瀬戸市長は法的措置はとらないと言っているというけど、やった方がいいね。
該当する罪名は少ないだろうけど。

そして、大学はどうするんだろう。解雇しなのか。
神戸大学の信頼度はなはだしく低下させたと思うけど。

「デマ拡散罪」って無いのかな。作ろうよ。

市長の動向。それはマスコミさんのお仕事。学者さんのお仕事に非ず。

週刊誌に嘘の放射線量記事を書き、郡山は人が住むべきじゃないなんて言ってフリージャーナリストとかいう“言論やくざ”もの、上杉隆。まだしゃあしゃあとしているらしい。「風評被害」なるものを巻き散らした張本人。それが須賀川に来て講演するという。

そしてびっくり。風評被害を怒っている集まりが、その講演の「告知」のようなことやてる。わけわかんないです。

何を書いても、何を言っても「言論の自由」だってさ。その自由の裏に、というか、それに伴う責任と覚悟ってのはどうなってるんだい。

この「責任」って言葉。これほど曖昧で意味を持たない言葉ってないような。政治責任ってことに代表されるように。責任って何だろう。責任、責任。日本人の好きな言葉。「おまえじゃわからん、責任者出せ!」って常套句。

「責任をとります」って言わせ、言えば、それで無罪放免ってことにするようような風土。

ならぬものはならぬ。会津藩士への教え。許せないものは許せない。

「鼻血」のデマも然り。もう、ほんと、うんざりしているのです。いちいち誰何するのも面倒なくらいに。

あらゆるとこで、あらゆることが「劣化」してるってことなのか。

「デマ」では無いけど、北朝鮮の人工衛星、ミサイル打ち上げ話。メディアは過剰反応です。反応を彼らは笑いながら見てるかもよ。ピョンヤンにまでご招待しての「公開」。

「北」の宣伝戦にうまく利用されているような感じさえしてきて。久々のどかな春の気配なんだけど。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

まったくおっしゃる通りだと思います。
国会議員の劣化にうんざりしていますが、いわゆる学者もどきのレベルの低さにもほとほと困ったものです。一番悪いのはこのような人間を専門家とみなして正義の味方ズラしているマスコミだと思っています。

亭主 さんのコメント...

匿名さま
ありがとうございます。
マスコミと称する方に奮起を期待しているのです。いわば「最後の砦」として。
彼らはもっと知識を植え付け、知見を磨き、専門家をも見極める能力を身につけるべきです。いま、メディアに登場している専門家は本当の「専門家」ではない。マスコミ受けを、それをみている人たちへの迎合野郎ばかりかと。