2012年4月20日金曜日

寝てる場合じゃないんだよ。

永田町用語に「寝る」というのがある。審議拒否というやつ。ま、言い分通らないからふて寝ってことなんですが。

いいですよ。寝たけりゃ寝てなさい。だけど働いて無いんだから給料は無しですよ。返してください。

これが普通の世間の考え方。

田中直紀と前田なんとか大臣に野党は問責決議案を出した。可決された。提出と同時に自民党は全面的な真偽拒否に出た。

これまでもよくあったパターン。国会戦術。平時のね。今は違うでしょ。寝る間も惜しんで働いてもらわないとならないことが国会には山積してるはず。

例えば原子力規制庁の事だって。とっくに出来ていなければだめなのに何の進展もなし。設置のための審議も無し。

少なくとも直紀が不適任であることは誰もが認めている。一番本人がわかっているはず。過去をどうこういうつもりもないが、田中家の婿に入る前は鈴木直紀。いわきの出身。

真紀子もとんでもない「種馬」をつかんだもんだ。長男はすっかり親に身切りつけているし。

その内情はともかく。直紀は辞めさせなさい。今では遅すぎるかもしれないけど。

政界の裏のかけひきや、野田の思惑はどうでもいい。馬鹿な民主党政権に輪をかけて馬鹿な自民党。谷垣。それを操る策士ども。

どうってことない金額の歳費削減やってお茶を濁し、働かないでも日々歳費を貰う。

民主も自民も、もはや本音は被災地なんて忘れたのかと。なにやかやと糞の役にも立たない三下が福島県内をうろちょろしてるようだけど。
審議に応じることを「起こす」「起きる」と言う。寝た子を起こすにはオメザか飴玉しゃぶらせるしかない。

延々として続いてきた国会の伝統。

そんな国会をしり目に、着々と進む原発再稼働。東電会長人事。おいおい、またもや仙谷暗躍かい。またもや弁護士上がりだぜ。検察の権威は地に落ち、なにかと跋扈する弁護士あがり。

寝てぐずる自民党。起きているようで昼寝してるような民主党。どっちも偉そうにいう。「国民政党」だと。「酷民政党」でしょ。

親父がわめけば息子にとばっちり。はい、石原家のお話。

口をひらけば「橋下に気配りして」だの「橋下人気に便乗しよう」だの、まことしやかな政局解説メディア。みんな橋下に気を使う。そりゃそうだ。彼も弁護士だったもんね。(笑)。

春にそむいてばかばかしいお話が、続けられているのです。今、こんな状況の日本で。

とにかく寝てる場合じゃないんですよ。「お公家」さん。ま、あしたどうなっているかはわからないけど。

0 件のコメント: