2013年8月24日土曜日

色褪せた言葉たち

Fの汚染水問題、拡大する一方。疑問点、問題点、数々あれど、東電の杜撰さは糾弾してもしつくせないが。糾弾しても、何も解決しないという現実。

昨日規制委員会の委員が「視察」。問題点多々あり。まさに「耳を疑う」ような事象の数々。しかし、規制委は「要請」にとどまるのみ。

現場の映像。作業員の人たちの想像を超えるような労苦を思う。

海洋流出が明白になった今、近辺の漁師たちはどうするのか、どうなるのか。
彼らが一様に気にするのは「風評被害」。

「人の噂も75日」ということわざがあった。とてもじゃない、噂が噂を呼び、「根も葉もない」ことまで触れまわられ。

福島県産の日本酒も風評被害なるものさらされている。売上減は甚だしいとか。
「回復」の兆しありとは聞いてはいたが。
東京での展示即売会も組合が共同歩調をとってやっている。テレビがネタにする。悪意はもちろん無いだろうが、それを取り上げること自体が風評のもとになっているような。

諺とは、時には色あせる。

人の噂・・ではない。風評を言いたてる人の心理は「火の無いところに煙は立たぬ」だ。

「安心」、「安全」、「安定」。

原発事故以外でも安全が脅かされていることは多々ある。食品でも化粧品でも。
「安」の付く字への疑念の数々。
安い給料、安い価格。安売り。それらははからずも「是」とされたり「否」とされたり。

原発事故後、福島を訪れた学者さんの決まり文句。「正しく測って正しく怖がろう」。

多少の悪意を持って言わせてもらえば、正しく測るってどうすればいいのか。
年間1ミリシーベルトの持つ意味は。

1ミリを基準に成り立っている「恐怖」

「天災は忘れたころにやってくる」。寺田寅彦の“警句”は、一昨年しきりにももてはやされていたが・・・。すでにして多くのことが忘れ去られている。

「正しく怖がる」とはどういう「怖がり方」?。

言葉だけを放り出しても、ボクの耳には響かない。ね、学者さんたちよ。

「絆」って言葉を旗印に、いろんな人がいろんなことを言い、さっきの「酒」のラベルにもそれがあったりする。

絆っていうのは、ありていに言えば、「お互い様」「相身互い」のはず。

絆を振りかざしながら、「人の不幸は蜜の味」との深層心理のお方たちも。

福島の復興無くして日本の再生は無い。総理大臣さま、何人かが言った。

じゃ、何をした。

汚染水問題は「喫緊の課題」だと言った。東電まかせにせず、政府が前面に出るとも言った。金を出すとも指示した。
喫緊とは“さしせまって大切なこと”って辞書にも書いてある。
言葉だけでは事は進まない。
指示だけでは誰も動かない。本気を出しては。

きのうな吉田昌郎元所長のお別れ会。霊前で言った、誓った言葉を大事にしなければ。

でもね・・・。でもね・・・。

政府の“偉い”お役人さんたちも、それなりに福島県入りしている。一緒に仕事している人は言う。

「何しに来てるのかわからない。楽しようとばかり考えているようだ」と。

「人間、歳をとると丸くなる」と言われてきた。亭主、たしかに歳をとった。
世間一般では「老人」の部類。でも、丸くならない。とんがってばかりいる。

「世の中そういうもんだよ」と訳知り顔で言っているわけにはいかないし。

慎太郎のようにはなりたくないけど、“暴走”するぜ。俺は。

ネットで原発作業員の人が現場を見て、現場を想像して言っていた。
「転ばぬ先の杖」っていうけど、東電は「転んだ後に杖を出している」って。

水の話を「水に流そう」ってわけにはいかないんだぜ。

恥も外聞もかなぐり捨てて、あらゆるところに手助けを頼んだらいかが。


はい、日曜妄語でございます。妄語も色褪せたかな。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
おっしゃる通りです。「恥も外聞もかなぐり捨てて、あらゆるところに手助けを頼むべき」
今から50年以上前に開発されたFault Tree Snalysis(FTA)というSafety Engineering and Reliability Engineeringの解析手法があります。これは米国のNRCがProbabilistic Risk Assessment(PRA)と共に1979年のThree Mile Islandの事故を受けて1981年にNRC Fault Tree Analysisとして発効されています。このシステムを実施していればあんなインチキ地上タンクや地下貯蔵槽なんて作るはずがない。とにかく放射性物質による危機管理を東電と原子力規制委員会に任せていたら永遠にこの惨事は収束しないだろうと思います。安倍首相はアメリカ合衆国大統領、フランス国大統領、イギリス国首相に頭を下げてお願いに行ったら如何でしょうか。

亭主 さんのコメント...

tacoさま

お久しぶり。
あのタンク付設の経緯のお粗末さ。あきれるばかり。いわば直置きでしょ。アンカーボルトでの固定さえ無い。

地盤沈下だって「想定内」のはず。

バカな学者は、汚染水量とチェルノブイリと比較して悦に入っているかのよう。

土木工学や建築工学の学者さんの出番のはずなのに。

東電も政府も、いまだ「見せかけの見栄」を張りつづけている。
中東行って、まさか原発技術輸出なんて言ってるんじゃないだろね。あのボクちゃん。