2013年8月28日水曜日

「金づる」としての東電、いや原発。

たまにシニカルに見てみるのもどうかなと・・・。

「金づる」という言葉。うまいこと騙して金を巻き上げるということ。いや、騙さないまでも、弱みに付け込んで、カネを巻き上げるということ。

一昨年の原発事故後、原発を語る時、東電を語る時、必ずと言っていいほど付いて回っていた言葉。「原子力村」と「原発マネー」。

ひらったく言う。原発立地地域には、相手構わぬようにカネがばらまかれた。
なんかの理由をつけて電力会社にカネをせびると、即座にそのカネは入ってきた。

立地地域は、自治体含め、住民も潤った。
立地地域だけではない。東京でも、世論に多少でも影響を与えるだろうところにはいろいろな形でカネがまかれていた。

電力会社はいい金づるだった。

福島の原発事故後も、それは金づるであり続けている。カネの感覚に麻痺している東電は、たとえばフランスのアレバ社やキュリオン社にいったいどれだけのカネを払ったのだろう。

溺れる者は藁をもつかむ。カネに糸目をつけないで、外国の技術にすがった。


関連会社と称するところに、作業員を確保するために。下請け、孫請けという構図の中で、東電が支払ったカネ。

見積もりも、入札もあったのかどうか。
言われるままの支払い。

そして、片や、賠償金、その支払いに回すカネには枯渇した。勢い、国の支援要請。

そして、カネが底を突いてくると、途端にカネを出し渋る。出しても何の見返りもないから。

白アリに、避難区域の家は新築含めて食い荒らされている。

白アリのごとく東電に“たかって”いた人たちは、口をつぐんでチャックしたまま。

福島原発のカネのことだけではない。全国の原発を巡ってもカネが・・・。札束が乱舞しているのかも。

そして除染の問題も。いったいいくらかかるのかわからない除染費用。

その除染に携わる会社。「除染は金づるだ」と。

汚染水問題。急がれる対応。さまざまは施設の構築、大規模工事、タンク増設・・・。

人繰りだってままなるまい。


東電は自ら「金づる」になる道を選んだような・・・。

4 件のコメント:

増子洋志 さんのコメント...

お久しぶりです
先週、平田村経由で川内村・都路町・常盤町・葛尾村・飯舘村を見てきました(--)
酷いですね、至る所、雑草が生い茂り、人影がありません
行く所行く所、立入り禁止の看板が!
山の奥では除染の為か、防具服を着た作業員が、いろいろ動いていました。
なんか見てて、10年や20年は戻るの出来そうにないような気がします。

亭主 さんのコメント...

まっしー

ほんと久しぶりだね。何してるんだい?

県内にいるのかい。ムジナに。

なにかと厄介だ。

たぶん、帰れないだろうし、帰りたいと思わなくなっている人達・・・。

どうすっぺね。戸惑っていてははじまらないけど。

増子洋志 さんのコメント...

やっと車を改造して運転出来るようになりました。
でも、脳出血の後遺症は前よりも酷く、右手足の自由が・・・・(--)
介護認定で要支援2に(--) 現状維持なら、わかるのですが、自由が効かなくなってくると、辛いです。
現在、リハビリに励んでる状態ですが、これで、どうやって仕事せいと言うのでしょう??? 

亭主 さんのコメント...

マッシーさま

そうか・・・。大変だね。なんともね・・・。

その不自由なからだで、回ってきたのは見上げたもんだ。

リハビリしかないんだよね・・・。
他人事のようで申し訳ないが「乗り切る」しかないんだろうね。

とにかくお見舞いにて。