2013年8月1日木曜日

「八月一日」に・・・

八月一日という姓の人がいた。「ほずみ」と読む。もちろん旧暦によったのだろうが。ほずみは穂摘み。稲を刈るということだ。

狭い日本、いや、実は広い日本なのかもしれない。気象に関しては。きょうの郡山はさっきまで21度。とてもじゃないが夏の気温ではない。

西日本は連日の真夏日。酷暑。そして集中豪雨、それに伴う災害・・・。河川は氾濫し、田畑は水没。家まで流される。

東北は冷温続き。早くも冷害を心配する向きもある。コメの生育は、果物は・・・。

そしてきようも北陸では大雨だという。

泥で埋まった道路、家屋、停電、断水、救援、給水、救出・・・。災害ボランティア募集・・・。

一昨年見た光景がそこにあるような。

1時間に100ミリの豪雨。雨雲の動きによっては福島県の浜通りにもくる。
それが、原発事故現場に降ったら、そこはどういう光景になるのだろう。

「ふくいちライブカメラ」は朝から霞がかかったような映像。そこの様子はほとんどわからない。

問題の“汚染水”。問題の“地下水”。雨によってその量ははかりしれないものになるのだろうか。
海洋への流失があったことはもはやはっきりと判明した。
「遮水壁」を作ったことによって、水位が上がったという。

すでにして海に流れ出ていた汚染水。
その線量はともかく。

八月一日は「水の日」だという。素直に受け入れられない「なんとかの日」。

きょうから田村市の都路地区の一部が「長期宿泊可能」となった。
テレビのニュースは言う。
「三カ月の宿泊が“特別に認められ”・・・」と。特別とはどういう意味なのか。
普通、特別という言葉は格段の配慮を意味する。特別扱いというのは。

家に帰るのは当然のこと。特別という言い方。そんな些細なことにも腹が立つ。

帰宅した住民は言う。「嬉しいけれど、原発で何かあったらすぐに逃げなくてはならないし・・・」。そういう意味の特別なのか。決して安住の地ではないという。

肌寒い中、きょうから郡山は夏祭り。「うねめ祭り」。浴衣で踊り流す人の輪ができる。

祭りには行かなくてはならない。でも、足が向かない。祭りの気分に浸れない。
集まってくる子供たちのためにも、全国から集まってくる「ゆるキャラ」のためにも、豪雨は降って欲しくないという雨雲への陳情。


「水の日」に水のことを思い、水の怖さと貴重さを思う、特別な、あれから3回目の八月一日・・・。

0 件のコメント:

「復興」とは何なのだろう

東日本大震災から8年だ。毎年考えて来たのが「復興」という言葉、その事象。 未だもって、「復興」を言う言葉には“わだかまり”があり、自分の中で“消化”されていない。納得できる“回答”を持っていないのだ。 今も「3・11」は続いている・・・。 勤労統計の“偽装”は、この国の根...